市販品との違い

DB52738C-6159-4ECA-9091-046E86947B39

 

こんにちは。。。♪たま咲桜草です♪↑

風もなく穏やかな良いお天気でした☀︎

桜が散り次はツツジや薔薇の季節に入りますね…

当サロンも春の花満開です♪

F00B0C83-DCCA-4D47-B622-6378C4CC6B5E

 

↑この黄色い花も細かくて可愛いんだけどほっといても毎年咲いてくれます☆

 

 

では本題に参りましょう♪

【サロン専売品と市販品との違い】

手触りだけではわかりにくいと思いますが

なのに何故サロン専売品のシャンプーやトリートメントは高いのか…

誰でも思いますよね?

しかも何故サロンでしか売らないのか?

ズバリお答えしますね♪

サロン専売品は かかっているコスト(材料の原価)が違います

 

高い材料で作られていたらやはり売値は高くなります

仕方がない事ですよね

ならサロン専売品なら何を使っても合うのか?

いいえ、髪質や頭皮の状態によって変えていかなければなりません

その役目ができるのが美容師です♪

だからディーラーさんは美容師に任せて売ってもらっています

いい加減な商品でないだけに それぞれの美容師にお任せして

気にいる商品を信頼して売ってもらうのです

全国の美容師が商品をお薦めするのですからその市場は大きいですね

変な商品を持っていけば美容室のオーナーが文句言うし

取り扱ってくれなくなります

美容師は年間にすればすごい数の髪を触っていますから当然お客様よりも

ディーラーさんよりも目利きが肥えております(๑・̑◡・̑๑)

「美容師のお気に入り」を紹介するのも至難の業でしょう

市販品の

シャンプーやトリートメントとの違い

まだあります♪

カラーやパーマをしても邪魔しない材料でできています

市販品は手触りを良くしたいから余分なものが

大量に配合されてる場合があります(例えばシリコーンとか香料)

コーティング力が強すぎるとカラーもキレイに染まりません!

売るメーカー側はそんな事は関係なく売れるものを開発するのです

そしてTVでのCM又は雑誌等に力を入れて大金をかけます

だから美容室専売品のメーカーはそういうところに大金をかけずに

ディーラーさんにコストかけて売ってもらってるから

ブランド名があまり有名にならないものがほとんどです♪

仕方ないですよね…☆そんな仕組みだから

でもだからこそ価値が違うのではないでしょうか?

やりくりが大変なら仕方ないのですが髪を本当に大切に思っているなら

美容室専売品がお勧めです

もし市販品シャンプーを使用してて美容室にフルカラー(全染め)しに

行くときはその前の 1〜2週間だけは

サロン専売品シャンプートリートメントをお勧めします

カラーを綺麗に染めたい ならです

理由は 【余計なものが配合されてない】から!

EFE701B3-6F64-4FD9-A6AD-194BFF85F3CF

そう言えば

カラー専門店は何故あのお値段か考えたことありますか?安いですね♪

でも

材料が違うのは当然です…赤字になってまで営業し続けるはずはないですから

ちゃんと儲けているはずです

薄利多売と言えど人件費や光熱費、家賃もろもろかかっていても儲けがあるんですからシャンプーやカラー剤の材料費がどれだけのものか想像つきますね?

前処理TLや後処理もなくシャンプーは1シャンプー でドリンク無し

トリートメントすればプラスの有料ですしブローはしない…

考えればトータルしたら安くはないですよね!当然の価格です!

色々省いているし材料も…

それでも需要があるのは『安ければ何でもいい』というお客様もたくさん

いらっしゃるからですよね? 選択肢はお客様です☆

今は大型店よりも小サロンの需要も負けず多いと思います(コロナもあるし)

そして尚且つ、うちのようなプライベート小小サロンも需要があり

お客様に色んな選択肢が増えて

それはそれで素晴らしい事ですよね♪

ちょっと話がズレましたが 安いにはそれなりの理由があり

高いにはそれなりの理由があって成り立っている

当たり前といえば当たり前ですがそこがおわかりになられていない方への

説明でした☀︎

今日もお読みいただきありがとうございました

美容室support*

CFFE176E-71B1-4248-A355-44E8EDB615CB

 

 

 

 

 

 

 

 

 


美容室 support


Copyright © 美容室support(サポート) All Rights Reserved.